プログラミングが不要なGoogle Homeアプリ制作サービス「RINDO」(ベータ版)を無料提供中!
Ebisu Voice Production Logo
開発ブログ

コミュニティプログラムに設けられた3つのマイルストーン

Teruhisa Yamamoto
2018年08月28日

前回、アプリの初回リリースで得られる特典についての記事を書きました。

今回は、その他に設けられた3つのマイルストーンについてご紹介したいと思います。

https://developers.google.com/actions/community/overview

スクリーンショット

1つ目は、「Getting initial traction」です。 開発者にとっては、自分の作ったアプリの最初のユーザーは家族や友人だけど、このような人たち以外のユーザーにも使ってもらってね、という感じのマイルストーンです。(あやふやですね) おそらく、一定基準のユニークユーザー数を超えると到達できるマイルストーンです。

2つ目は、「Keeping users engaged」です。 これはもう少しわかりやすいですね。一定基準のリピーター数を超えると到達できるマイルストーンです。 (こちらもお察しの通り、明確な数値は提示されておらず、神のみぞ知る、ですね。FAQにも明示していないようなことが書いてありました。ログから解析してみると分かりますが、良いUXな日常的に使えるアプリ作りに精を出したほうが建設的かもしれません。)

3つ目は、「Taking your Action global」です。 一番分かりやすく、一番気合が試される(?)マイルストーンです。1つのアプリに対して、最低2カ国語でのリリースを通すと到達できます。 苦労なく第二言語に翻訳できる内容のアプリで目指すことをおすすめします。

これらのマイルストーンに到達すると、それぞれのイラストのピンバッチと賞状のようなものが送られてきます。お金かかってますね。 そして、これらのうち1つでも達成すれば、このコミュニティプログラムのGoogleグループへ招待され、Google Home実機を得ることができます。お金かかってますね、すごい。(※Tシャツをゲットした時のように、全てにおいてメールが送られてきます。そして、全てにおいて特典を得るためのフォームを記入しなければいけないので注意が必要です。。。)

さらに翌年には手厚いサポートをGoogleから受けられるようですが、まだ詳細がわかっていないためご紹介できません・・・いつかご紹介できればと思います。

ちなみに、これらのマイルストーンは1つのアプリで達成しなくてもよい様子ですので、ハードルは少し低くなります。 このコミュニティプログラムも第1回目と言っているので、さらに内容が増えるかもしれません。

恵比寿ボイスプロダクション
github icontwitter icon
Home
開発コンサル
RINDO
About Us
お問い合わせ
Privacy Policy