プログラミングが不要なGoogle Homeアプリ制作サービス「RINDO」(ベータ版)を無料提供中!
Ebisu Voice Production Logo
リリース作業ブログ

審査用プライバシーポリシーの書き方

Teruhisa Yamamoto
2018年07月28日

Google Homeアプリを審査に申し込む場合、アプリ情報など必須で記入を求められる事項があります。

そのうちのひとつにプライバシーポリシーがあります。(Terms of Serviceは任意です) 今回は、リリース作業の中でも一番気を使う作業であるプライバシーポリシーをどう用意すればよいのかを書いていきたいと思います。

プライバシーポリシーはURLリンクを提供しなければならず、中身も自分で用意する必要があります。 難しそうに聞こえるかもしれませんが、実はURLリンクを記述するフォームの所に簡単に用意する方法例が書いてあります。

Need help creating a Privacy Policy? [LEARN MORE]

と。

「LEARN MORE」ボタンをクリックすると以下のようなダイアログが出てきます。

スクリーンショット

すると、ここに「sample doc」とあり、そのリンク先に行くと、google docsで用意されたプライバシーポリシーのサンプルを見ることが出来ます。(現在のリンク先はこちら。https://docs.google.com/document/d/1eSDo8jq2SwAltQx_o397VSd3Q4V3-ndkLH6PWLuFYx8/

といいつつも、中を読むと結局中身は自分で考えてねとあります。ひとまず、google docsで良いという事はわかりました。 具体的に何を書けばよいかは、こちらにあります。

https://developers.google.com/actions/policies/privacy-policy-guide

ここに書かれている、最低限必要なことは以下の3つです。

  • アプリで何の情報を収集するのか
  • その収集した情報は何に使うのか
  • 何の情報が共有されるのか

発話情報やユーザーIDは勝手にログとして流れてくるので、これらは避けられません。あとはアプリ固有で収集する情報を書き、それらを何に使うのかを書きます。第三者に共有されることがなければ書く必要はないでしょう。

具体的に内容を読んでみたいという方は、リリースされているアプリのプライバシーポリシーを見てみると良いかと思います。

恵比寿ボイスプロダクション
github icontwitter icon
Home
開発コンサル
RINDO
About Us
お問い合わせ
Privacy Policy